トップページ > 店長ブログ

オフィス石太郎 店長ブログ

京都の街の散策記や趣味の釣りなど、仕事のこともちょっぴり書きながら想いのままにUPしていきます!

オフィス石太郎の店内にある絵

2013年03月17日

「なかなかおもしろい絵ですねぇ~」

「いいですねぇ~、この絵。ホームページを見ていて、前々から気になってたんですよ。」

ご来店いただいたお客様や同業他社の石材店さんから、ご好評をいただいております。

この絵を描かれた作者の方とは、結局一度もお会いしたことがございません。

作者の方は、書かれた当時は京都精華大学の学生さんでした。

 

   

ここに至った経緯ですが、、

当時、当社の担当をされていたた(今は滋賀県に居てはるみたいです)京都信用金庫の池本さんが、「〇月〇日に、京都国際会館で産学連携の催し物があるんですが、面白いもんがあるかも知れませんので、一度覗いてみられては?」と教えていただきました。

正直言いますと、さほど期待感もなかったのですが、「池本さんが勧めてくれたんだから行ってみましょうか」というノリで、行く事にしました。

   

人混みが苦手なので、ひと気のないトコロを選んでブラブラしておりますと、トビキリひと気のないブースを見つけました。

遠巻きに様子をうかがうと、テーブルの上に色々なパンフレットが並んでいて、ブースの中にはネクタイ姿の男性が一人だけ座っています。

華やいだ女性陣がいる他のブースとは対照的な、みょーに乾燥したような空気です。

京都精華大学と書かれています。

「イベントに大学が出展するんだったら、普通はキャピキャピの女子大生でしょ~」と思いながら近づいていきました。

「何のプレゼンですか?」と声をかけてみました。

お話をお聞きしますと、この男性は大学の職員さんらしく、精華大学はマンガに秀でた大学らしいことを知りました。

どうも、企業のパンフレットやポスターに挿絵やストーリー漫画を導入するプレゼンテーションをされているみたいです。

「・・・・・・。」、、なんだか面白そうなんですが、当社と結びつく仕事を頭の中で模索してみました。

「そうだ!!」、、よく行く蕎麦屋さんの壁に、鬼とも人ともいえないようなモノ達が、大きなワサビをすりおろしている絵があります。

以前より筆者は、その絵に惹かれていました。

「『日本版の超小汚い七人の小人』みたいな輩達が、みんなでお墓を建てているようなポスターは作れますか?」と、尋ねてみましたら、「そのような絵が得意な学生がいます!!」と、間髪入れずに返事をいただきました。

どうやら、『日本版の超小汚い七人の小人』で、ちゃんと伝わったみたいです。笑

    

あまり具体的な注文はつけずに、できるだけ生徒さんの感性にお任せして、製作していただく事にしました。

ということで、出来上がったポスターが左の絵です。

作品を受け取って、あまりの出来の良さに感激して、「今度は石の採掘の絵」を、もう1枚作っていただく事にしました。

学生さんという事ですので、在学中にしか依頼できないからです。

そして出来たのが、右の絵です。

 

両方とも、大変気に入っていて、店宝(家宝の店版)にしています。

製作者の「あみ」(絵のサインより)さん、大変感謝しています。

誠にありがとうございました。

格安墓石販売 京都オフィス石太郎

店長ブログ 柳田貴人

東福寺霊源院さん本堂

2013年03月04日


写真:書院(法要等の待合に使用)から撮影した本堂とお庭

いつも当社が墓石工事をさせていただいております、京都市東山区の大本山東福寺塔頭霊源院さんの本堂です。

このたび、本堂に「霊源」と書かれた立派な扁額が取り付けられました。

昨日は、永代供養墓のご見学がございまして、霊源院さんにお邪魔させていただきました。

ご住職は、「この扁額を造ってくれた業者さんは、けっこういい仕事をするわ!」と言って、たいそう喜んでおられましたので、早速ブログに掲載する了解をいただき写真をUPさせていただきました。

 

扁額製作 京都府福知山市 あなたの街の木工屋 天保株式会社 さん

 

店長ブログ

格安墓石販売 京都 オフィス石太郎

店長 柳田 貴人

霊源院さんの白梅

2013年02月16日

 

東福寺霊源院さんの山門を入って左側に梅の木があります。

 

こちらは白梅で、右側にある紅梅よりも一足早く花を咲かせてくれます。

 

 

白梅の下には、「六人のわらべ地蔵様」がおられます。

 

このお地蔵様は、山門の外からもよく見えますので、観光客の方達がよく撮影をされています。

 

永代供養のお墓「浄心壇」の前の椿の木も花をつけていました。

 

 

霊源院さんには、沢山の木々がありますので、四季を通して楽しませてくれます。

東福寺霊源院墓地指定墓石店

京都 オフィス石太郎 店長ブログ

店長 柳田 貴人

東福寺霊源院さんで打ち合わせ

2013年02月15日

昨日、当社が永代供養墓の墓石工事をさせていただいております、東福寺霊源院さんのホームページの差し替え用写真撮影があり、筆者も同席させていただきました。

 

霊源院さんのホームページは、和風デザインが得意なホームページ制作会社にお願いしましたが、なかなかほのぼのとした温かい雰囲気のページに仕上げていただきました。

 

霊源院さんでは、昨年お寺の山門を改修されましたので、今回は新しい山門付近の撮影をお願いしました。

 

撮影には社長の山下さんご自身がお越しくださいました。

 

撮影後にホームページの更新や管理のアドバイスを沢山いただくことができました。

 

霊源院のご住職も日々ブログを書かれています。

 

文字ばかりですと、ご覧の方が退屈されるだろうと、最近デジカメを買われたそうですが、使い方がイマイチよく解らないとの事でした。

 

次回、ご住職のお時間のある時、デジカメの使い方を説明させていただくことになりました。

 

 

今年の干支である「へび」の色紙をいただきました。

 

檀家さんの中には、毎年作られる干支の色紙を楽しみに集めている方もおられるそうです。

 

今日も霊源院さんで、打ち合わせがありましたが、予定より早く到着しましたので、山門を入って左側の白梅の写真を写してみました。

 

白梅の写真につきましては、また明日ブログで紹介させていただきます。

 

京都の墓石店 オフィス石太郎

店長 柳田 貴

東京からも。水子供養で有名な京都のお寺

2013年02月06日

東福寺にある霊源院さんは、いつも当社が墓石工事でお世話になっております。

 

お寺の境内には「蓮華堂」というお堂があり、そちらで水子供養をされています。

 

蓮華堂の新築工事の際に、当社では、お堂のご本尊様である「地蔵尊像」と、永代供養地蔵尊を安置する御影石の棚を施工させていただきました。

 

 

先日、ご住職とお話をしておりましたら、水子供養には、東京、千葉、神奈川など関東方面の方や富山県や福井県や広島県など、筆者が思っていたよりもかなり遠方から、水子さんのご供養にお越しになるそうです。

 

インターネットのホームページをご覧になって、霊源院さんで水子供養をされている事を知り京都までお越しになるそうです。

 

JRの京都駅からも近く東福寺駅からは徒歩ですぐ(5分程度)の場所に、こちらのお寺はありますので、皆さん電車でお見えになるみたいです。

 

やはり当社としましても、石の工事をさせていただきましたお寺さんの事が気になりますが、皆さんが水子供養に、しかも遠方からもお越しになるとお聞きしまして、石屋冥利につきる思いがします。

 

 

京都市南区西九条蔵王町11

電話 075-693-7345

有限会社 オフィス石太郎 店長ブログ

店長 柳田 貴人

岸和田市営 流木墓苑

2013年01月28日

本日、墓石工事の見積もりに大阪の岸和田市に行ってきました。

お客様と待ち合わせまでの間、少し時間がありましたので、近くの岸和田市営墓地を見てきました。

園内入り口を入って、行けども行けども、ずっとお墓です。

それにしても、なんとも広い霊園があったもんです。

京都では、お寺の境内墓地や、公園墓地の場合でも雛壇だったりしますので、このような広い墓地にはお目にかかった事がございませんでした。

園内を車で走っているうちに出口がわからなくなり、カーナビを使って流木墓苑を後にしました。

京都の墓石店 オフィス石太郎

店長ブログ

関西霊園情報局のお仕事

2013年01月24日

ずっと取り組んでおりました仕事の中に、墓地の情報サイトの構築というのがあります。

 

 

当初は、他府県のお客様に向けて、ご自宅で「京都近郊のお墓の費用」を解りやすく紹介させていただく事を目的に始めました。

 

それが、徐々に口コミで伝わり、以前より仲良くさせていただいておりました他社の墓石店の営業の方からも、墓地や霊園の掲載の希望が増え、現在の「関西霊園情報局」という、墓地検索サイトが生まれました。

 

オフィス石太郎は、他の墓石店の応援も行っている、、ちょっと変わった墓石店です。

 

 

 

東福寺霊源院墓地指定墓石店

 

京都オフィス石太郎 店長ブログ

中谷隆夫税理士事務所とFC大阪

2013年01月19日

 

決算の書類が出来たとの連絡をいただきまして、会社設立以来よりおせわになっている中谷隆夫税理士事務所さんに行ってきました。

 

写真のユニホームですが、FC大阪というサッカーチームのユニフォームスポンサーを、されているそうです。

 

1時間くらいお邪魔しましたが、前半の30分くらいは決算の説明でした。

 

その後は、世間話になぞらえた経営者の考え方・お客様の動向などを、面白おかしくお聞きしました。

 

話も終わりかけた頃に『この本知ったはります?(京都弁?関西弁?)』

 

 

筆者『なんですか?これ?聖書??』

 

『経営者ってけっこう孤独なとこがありますやん、、ページを開けると心にグサッとくるような言葉が二行くらいで書いてますねん、、なかなかイイですよ』

 

筆者『ありがとうございます』

 

家に帰り、早速開いてみました。

 

 

『凄い!』、、驚いてしまいました。

 

何故なら中谷さんとお話している間、色々なヒントがありまして、筆者は頭の中で当社のホームページの内容の差し替えを、ずっと考えていたのです。

 

そして帰宅途上に、筆者が皆様に向けて『本当にお伝えしたかった事柄』の構想が固まり、ルンルン気分でした。

 

この本、なんで筆者の事がわかるのか、、不思議です。

 

驚いてしまいました。

 

 

中谷さんとの出会いましたのは、会社設立の約1年前でした。

 

長年勤めていました会社を退職後、自身の会社の設立準備のために、リサーチパークにありますASTM(京都高度技術研究所)のスタートアップベンチで、公的な企業支援を受けておりました。

 

そこで、夜間に時々行われます色々な講習の中で、税務に関する講師をされていたのが、中谷さんでした。

 

スタートアップベンチを卒業後も、ASTMの方達や中谷さんに色々と教えていただき、無事会社を設立することができました。

 

今も応援くださった皆様方と、この出会いに大変感謝しております。

 

中谷隆夫税理士事務所のホームページ

 

京都 東福寺霊源院指定墓石店

お墓のオフィス石太郎 店長

プランターのドラえもんとパンジー

2013年01月18日

 

店は京都市内ですが、今日は特別寒いですねぇ~。

 

写真を撮影していた時は、チラチラと雪が舞っていました。

 

毎朝、ガレージに車を置いてから歩道橋を渡り出社いたします。

 

店の前には、ガーデニング用に8年前に造ってみたワンメイクのプランターがあります。

 

そこに植えているパンジーを見ますが、いつもほっとする気分になります。

 

毎日、お母さんと手をつないで店の前を通るのお子さんが、プランター中央のドラえもんの頭を撫でていきます。

 

手が汚れないようにドラえもんの頭を洗うのが日課になっています。

 

京都東福寺指定墓石店

墓石のオフィス石太郎 店長ブログ

京都 東福寺霊源院の新しい永代供養のお墓

2013年01月14日

京都市東山区にあります東福寺霊源院さんの『永代供養納骨壇(永代供養墓):浄心壇』です。

納骨堂の場合は合同で埋葬するのが一般的ですが、各家ごとの個別の墓標・納骨棺に埋葬されます。

各家個々のお墓と違いお寺の施設ですので、もしも将来承継者が絶えてしまいましても、無縁墓地になって撤去されることはありません。

新しい形態の安心のお墓です。

東福寺霊源院さんの永代供養墓・墓地ページ

 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >> 8ページ中6ページ目