初めてのお客様へ

お墓の知識

無宗派の方達のお墓の建て方 「その2、こだわらない派の方のお墓」

無宗派と自負されている方達の中にも、実は様々な方がおられます。

 

筆者が無宗派層の方達を独断で大きく分けさせていただきますと、『こだわりが無い派』と『アンチ宗教派』に分かれます。

 

『こだわりが無い派』の方のお墓

 

こだわりが無いから出来るだけ費用も掛けたくないという方は、合同の納骨堂や樹木葬なども視野に入れてお墓の準備を検討されています。

 

その背景には、少子化や子供に迷惑をかけたくないという気持ち、そして不景気も後押しをしているように感じます。

 

筆者の経験上では、『こだわりの無い無宗派』の方達の多くは、条件が良い墓地がありましたらお寺の墓地も視野に入れて検討されています。

 

最近は、永代供養・永代管理の付いた『永代供養墓』が、とても人気があります。

 

永代供養墓は、基本的にお寺が管理するお墓ですから、厳密にはそのお寺の宗教・宗派が大きく関係してくるのですが、別に「こだわらない」という点で障害にはなっておられないようです。

 

また、公営墓地や民間の公園墓地などの宗教・宗派を問わずに募集している霊園も、やはり人気が高いように思います。

 

これらの霊園では、永代管理システムを導入している所もあり、そのような霊園では承継者問題に不安を感じていらっしゃる方達にも配慮した運営を行っている所もあります。

 

『こだわりの無い派』の方達のお墓の形ですが、和型・洋型を問わずに選ばれているケースがほとんどです。

 

ただ、お墓の付属品につきましては、花立て・線香立て・ローソク立てなど、仏教徒のお墓に準じるケースがほとんどです。

 

この場合の多くは、ご親戚(仏教徒)がお墓参りに来られた時の事を配慮した選択だと思います。

 

その3、アンチ宗教派の方のお墓

つづく

 

無宗派の方達のお墓の建て方 「その1、お墓のルーツ」 | TOP | 無宗派の方達のお墓の建て方 「その3、アンチ宗教派の方のお墓」
無料相談受付中

お墓の知識

お墓のQ&A

ご奉仕墓石 京都市営墓地について 関西霊園情報局 水子供養 店長ブログ

国道1号線(堀川通り)沿い(西側)
九条油小路交差点北へスグ左側
近鉄東寺駅より徒歩すぐ

お店のご紹介はこちら

当社のロゴは オフィス石太郎

大河ドラマ「龍馬伝」を書かれた
書家「紫舟」さんによる書です。

紫舟さんのホームページ>>