初めてのお客様へ

お墓の知識

開眼供養・埋葬供養 ~準備から当日~

お墓が完成しましたら、仏教徒の方は開眼(かいげん)供養を行います。

ご遺骨のご納骨をされる方の場合、最近では開眼供養当日に、引き続きご納骨の埋葬供養も行われます。

法要を進められる一般的な手順としましては、下記をご参照ください。

 

 

ご供養の準備

 

1.法要の日時を、ご住職と打ち合わせをします。(この際に、供養当日に持参する物を、ご住職にご確認下さい)

 

2.日時が決まりましたら、墓地管理者(主に公営霊園・民間霊園・自治会共同墓地など)に、連絡します。(墓地によりまして規程が異なります。手続き方法・必要書類等につきましては墓地管理者にお問い合わせください)

 

3.建墓工事をした石材店の多くは、供養日の当日に、ご供養・ご納骨の補助をいたしますので、法要の日時を石材店にも連絡します。

 

4.ご住職・墓地管理者に予約が完了しましたら、参列を予定されるご親戚・友人知人等へ日時の連絡をします。

 

5.関西地域等では、ご納骨の際にご遺骨を骨壺から納骨袋(木綿など天然素材でできた袋)に移し替えてからご納骨するのが一般的です。(一般的には、ご供養日当日に墓前で移し替え、骨壺は石材店が処分しますが、作法はエリアにより異なりますので、ご住職や石材店にご確認ください)

 

 

ご供養当日

 

1.事前にご住職(又は墓地管理者・石材店等)と打ち合わせをした物を揃えて集合場所に向かいます。

  一般的な場合、ご遺骨・埋葬許可書(ご納骨がある場合)・供花・供物・納骨袋(自作された場合)・御布施・手続き費用(墓地により異なります)・認印(墓地での手続きを伴う場合)等ですが、必ず事前に、ご住職・墓地管理者・石材店にお尋ね下さい)

  霊園によっては、予約(有料)をすれば、供花・供物を揃えて頂けるところもありますので、初めての方には安心です。

 

2.遅くても開始予定時刻の15分前には、あらかじめ決められた集合場所にお集り下さい。

 

3.通常の場合は、式当日にご住職から作法につきましての指示があると思いますので、ご安心ください。

 

 

備考

 

墓地名義人様がお亡くなりの場合、一般的には墓地の名義変更(継承手続き)が必要です。

 

墓地により事前の手続きを必要としない場合は、ご供養当日に手続き方法・必要書類をご確認されて帰られると良いでしょう。

 

一般的な例を記しましたが、墓地や地域により風習や墓地での手続きが異なりますので、必ずご住職・墓地管理者・石材店にご確認の上お進め下さい。

お墓の移転 ~ご遺骨の改葬手続き~ | TOP | お墓の完成 ~引き渡し時の注意点~
無料相談受付中

お墓の知識

お墓のQ&A

ご奉仕墓石 京都市営墓地について 関西霊園情報局 水子供養 店長ブログ

国道1号線(堀川通り)沿い(西側)
九条油小路交差点北へスグ左側
近鉄東寺駅より徒歩すぐ

お店のご紹介はこちら

当社のロゴは オフィス石太郎

大河ドラマ「龍馬伝」を書かれた
書家「紫舟」さんによる書です。

紫舟さんのホームページ>>