初めてのお客様へ

お墓の知識

写真で解説 「原石からお墓ができるまで」

原石からお墓ができるまで

 

「採 石」

丁場(採石場)です。

写真は愛媛県の大島石の丁場ですが、香川・茨城・福島をはじめ、国内には多数の丁場があります。

ジェットバーナー(酸素とアセチレン)を使い岩盤から石を取り出します。

バーナーを使うのは、取り出す際に石にヒビが入らないようにするためです。

石の運びだし。

大きく重たいため、鉄のチェーンを使い運びます。

「原 石」

丁場から持ち帰った石です。

タバコの箱とくらべると大きさがわかると思います。

運搬の出来る大きさに割り加工場へ持ち帰ります。

用途によっては4メートル近い長さの原石もあります。

「切断・小割り」

大きな原石を大割りするための機械です。

「大口径」と呼ばれる人口ダイヤモンドの付いた刃は、最も大きいもので3メートル60センチあります。

上の写真は大割りをした石です。

キズ等をチェックした後、次の工程に進みます。

原石によって切断する機械を選び切断します。

「研磨作業」

お墓の寸法に切断した後、石を磨きます。

石種によって機械の圧力や回転数の調整を行い光沢をだします。

磨く作業の途中にもキズ等の不備がないか慎重にチェックします。

作業中は水平や直角にも十分に気を付けて、歪の無いようにします。

写真の道具を使い水平・直角を直していきます。

研磨する時に用いる樹脂板です。

写真の7~8枚の樹脂板を使い石の光沢をだします。

石の種類により使う板も変わります。

「手仕事作業」

写真は研磨作業を終えた「水鉢」に手加工を施しています。

型を整える作業中もキズがでていないか入念にチェックします。

地方によってお墓の型が違います。

写真はお墓の装飾部分を手加工しているところです。

手加工に使うグラインダーや砥石です。

3~4種類を使い分け仕上げていきます。

「手磨き作業」

研磨作業と同様に7~8枚の樹脂板を使い光沢をだします。

手仕事作業を下部分に色を着けて、磨き残しがないようにします。

上の写真上部のように全面手磨き部分もあり時間がかかります。

「文字彫刻作業」

文字彫刻の作業場です。

ゴムを貼り、彫る部分だけを切り取ります。

カーボンの粒子を吹き付けるため、彫らない部分は全てガムテープで覆います。

この箱の中で文字彫刻作業をおこないます。

写真の手の先にある白いノズルから、エアーとともにカーボン粒子を吹き付けて、石を削りながら彫っていきます。

彫り上がった石からゴムを剥がします。

文字のまわりの部分が黒いのはカーボン粒子が当ったあとです。

「検品・出荷」

ヒビ・破損・磨き残しがないか入念に最終チェックを行います。

出来上がった石が破損しないように縄で保護をします。

全てのチェックをクリアした墓石だけが全国各地へ配送されます。

 

協力・資料提供

日本石材センター株式会社 様

無宗派の方達のお墓の建て方 「その4、無宗派の方の埋葬時の注意点」 | TOP |
無料相談受付中

お墓の知識

お墓のQ&A

ご奉仕墓石 京都市営墓地について 関西霊園情報局 水子供養 店長ブログ

国道1号線(堀川通り)沿い(西側)
九条油小路交差点北へスグ左側
近鉄東寺駅より徒歩すぐ

お店のご紹介はこちら

当社のロゴは オフィス石太郎

大河ドラマ「龍馬伝」を書かれた
書家「紫舟」さんによる書です。

紫舟さんのホームページ>>