京都の墓石店/低価格/格安で展示中
京都/大阪/滋賀/奈良でお墓の工事承ります
人気の永代供養墓受付中

文字の大きさ
石太郎店長ブログ
  • 東福寺霊源院の水子供養のお堂周辺改修工事

    2021.05.06

    東福寺霊源院の水子供養のお堂周辺工事

    京都市東山区にある東福寺霊源院は、開催エリアでは水子供養で有名なお寺さんです。

    ご住職のお話では、最近はコロナの影響で少なくなりましたが、遠方からもお参りにお越しだったそうです。

    ちなみに、遠方にお住いの方でお寺にお越しになれない方の水子供養も受付けておられるそうです。

    本日は、水子供養のお堂である「蓮華堂」周辺の貼石工事をさせていただきました。

    霊源院の水子供養のお堂貼石工事

    参道の突き当りに、ホームセンターで仕入れてきましたブロックを使って花壇も造らせていただきました。

    水子供養のお堂に花壇を製作

    水子供養にお参りにお越しの方々の中で、花を植えることを希望される方がご利用になる花壇です。

    以前より蓮華堂の周辺には、お参りの方がご持参された鉢植えがいくつかございました。

    花壇内に木の植栽は禁止だそうですが、草花をお持ちになった方は、花壇に植えていただけるそうです。

    本日完成したばかりなので、スコップやジョウロ準備ができていませんが、ご住職が近々準備をされるそうです。

    子供が砂場で使うようなプラスチックのスコップも買いに行かれるようで、ご住職もハリキッテおられました。

    水子供養のお堂周辺の改修工事

    元々は、飛び石で大人の方には風情がある光景だったのではないかと思いますが、少し奥まった感じのヒッソリとした雰囲気でしたので、小さなお子さんは敬遠しそうな感じの場所でした。

    ご家族連れで水子供養のお参りにお越しの方も多く、ご住職の希望で明るい雰囲気に改修することになりました。

    参道全体に、滑り止めでザラザラとした感じの白っぽい御影石を敷き詰めて、蓮華堂の入口から見える位置に花壇を配置いたしました。(上2枚の写真の貼石は掃除したばかりで濡れて光っています)

    大人の好みを優先するか?子供に喜んでいただけそうな場所にするか?を、とても迷う判断ではございました。

    蓮華堂は、亡くなられた赤ちゃんを供養する場所という事もあり、水子さんの供養という意味も込めて、子供さんの好みを優先いたしました。

    京都市南区にある墓石店

    有限会社 オフィス石太郎

    店長 柳田 貴人

  • 郷里のお墓の墓じまい

    2021.05.02

    東福寺霊源院墓地で永代供養墓のご案内

    今日は、京都市東山区にある紅葉の名所の東福寺に行ってきました。

    東福寺の塔頭寺院である霊源院さんの永代供養墓のご見学予約がございましたので、墓地で説明をさせていただきました。

    郷里のお墓に納骨されているお父さんの改葬をご予定されていて、将来的にはご自身達も、霊源院んさんの永代供養墓に入られるご予定との事でした。

    郷里のお墓にはお父さんだけが埋葬されているとの事でしたので、この機会に「墓じまい」も一緒にお考えになられています。

    墓じまいをされる方は、郷里のお墓のあるエリアの役場で改葬許可申請をしていただく必要がございます。

    改葬許可申請の手順を簡単に説明させていただきます

    1. ご遺骨を移す先のお墓を確保する。
    2. お墓の管理者に「墓じまい」の意思を伝えてる。
    3. 役場より改葬許可申請書を取り寄せる。(用紙の書式は役場により異なります)
    4. 申請者が必要事項を記入した後で、墓地管理者の署名・捺印をいただく。
    5. 役場に提出する
    6. 改葬許可証が発行される
    • 1・2の順序は逆になる場合もあります。
    • 3につきましては、役場のホームページからダウンロードできる場合や、郵送での受付をしていただける場合など役場により異なります。
    • 5⇒6につきましては、即日発行の場合や1週間程度の期間が必要な場合など、改葬許可証が発行されるまでの期間は役場により異なります。

    改葬許可申請書に記入する内容の一般例について

    1. 申請者の氏名・住所・電話番号・ご遺骨の方との続柄など
    2. ご遺骨の方の氏名・本籍地・当時のご住所・火葬された日・火葬場の所在地など
    3. 墓地管理者による署名捺印欄

    あくまで一般例ですので、詳細は管轄の役場でお尋ねください。

    用紙の書式は役場により異なりますので、1名様につき1枚の用紙に記入する場合や、1枚の用紙に複数名様を記入できる場合などがございます。

    火葬された日につきましては、ご不明な場合は死亡された年月日に2日足していただいても問題ないかと思います。

    改葬許可申請はご遺骨の移動に伴う手続きです

    ご遺骨が完全に土に還っていて土だけを移動される場合は、本来は必要ありません。

    ただし、墓地管理者によっては土だけの移動の場合でも改葬許可証の提示を求められる場合がございます。

    改葬許可証がないと、墓じまいや土の取り出しの許可について、墓地管理者より頑なに拒否される場合は、管理者の意向に沿って進める方が無難です。

    永代供養墓をご予約いただきました

    東福寺霊源院の永代供養墓では、ご検討いただけるお墓がございましたら2週間程度の仮予約が可能です。

    とりあえず仮予約をいただき、郷里のお墓の墓じまいについて進めていただく事になりました。

    もしも、キャンセルをご希望の場合はペナルティーなどは一切ございませんので、ご希望の永代供養墓がございましたら安心してご予約下さい。

    • 京都の墓石店 オフィス石太郎
    • 店長 柳田 貴人
    • 京都市南区西九条蔵王町11
    • 電話 075-693-7345(10:30~18:00)
    • 毎週火曜日・第2第4水曜日定休
  • 東福寺霊源院のお庭

    2021.04.26

    京都市東山区

    東福寺霊源院のお庭とわらべ地蔵さん

    今日は、四十九日の法要がございましたが、お位牌のご注文をいただいていましたので、霊源院さんにお届けさせていただきました。

    天気が良く、庭のツツジがキレイに咲いていましたので写真を撮ってきました。

    わらべ地蔵さん

    門を入ってすぐのところに並んで立っている「わらべ地蔵」さんは、弊社が施工させていただきました。

    こちらのお寺と親しくさせていただくようになって、かれこれ30年近くになります。

    筆者は昔から、門から見える大きな三角屋根が大好きで、この屋根に映える構図を頭に描きながら、お地蔵さんを提案させていただきました。

    とても人気のあるお地蔵さんで、いつも観光の方が写真を写しています。

    霊源院の本堂

    お庭に入るとツツジもキレイに咲いていました。

    この先に見えますのが、霊源院さんの本堂「普應殿(ふおうでん)」です。

    ご本尊様である千手観音様と、お地蔵様・韋駄天様が祀られています。

    本日四十九日の法要をされた方は檀家さんではございませんでしたが、霊源院さんでは檀家さんでなくても法事を受付けておられます。

    昼間は暑いくらいでしたが、夕方はとても寒い一日でした。

    こう寒暖の差が激しいと、バイク移動の筆者は普通に風邪をひいてしまいそうでした。

    緊急事態宣言の中、風邪をひいている場合ではない状況ですので、早めに帰宅して熱めの風呂に入りました。

    暑くなったり寒くなったりと落ち着かない気候ですが、皆様におかれましても、どうかご自愛くださいませ。

    • 京都市南区西九条蔵王町11
    • 有限会社 オフィス石太郎
    • 店長 柳田 貴人
    • 電話 075-693-7345
    • (10:30~18:00)
    • 毎週火曜日・第2第4水曜日定休
  • 速成寺(大和郡山市)の庭園樹木葬取材

    2021.04.21

    奈良県大和郡山市にある日蓮宗のお寺

    速成寺の庭園樹木葬

    先日、お上人さんから「今は芝桜が8~9割咲きですので、近いうちに見に来てください」と電話をいただきました。

    先週の火曜日は雨でしたので、昨日の20日にお邪魔させていただきました。

    速成寺の庭園樹木葬

    庭一面に植えられた芝桜が満開でした。

    庭に立つ松・もみじ・桜以外のお庭の草花は、お上人さんやご家族で全て植えられました。

    途中何度も芝桜が枯れたりして、ここまでくるのに丸6年かかったそうです。

    速成寺さんでは、花々に囲まれたお庭全体が樹木葬エリアになっています。

    納骨の際には、ご遺骨をトウモロコシを原料にした骨壺に移し替えてから、お花の下に埋葬いたします。

    ご遺骨は、年月の経過とともに骨壺と一緒に自然と土に還ります。

    奈良県大和郡山市にある速成寺の庭園樹木葬 速成寺のわらべ地蔵さん 速成寺のわらべ地蔵さん

    本堂での法事や遺骨葬儀

    永代供養(永代経)を申込された方は、50年の間は毎年1月に個別に霊名を読み上げるご供養が行われるそうです。

    また、火葬後に速成寺さんの本堂の設備を使って行われる本格的なご葬儀「本堂遺骨葬儀」も行われています。

    奈良県大和郡山市の速成寺

    お上人さんのお話では、樹木葬のお申し込みをお考えの方より、同時に葬儀の相談をいただかれるケースが多いそうです。

    本堂遺骨葬儀とは、葬儀会館などを利用せず、お寺の本堂にご家族や近しいご親戚が集まり、ご遺骨を前にして行われる葬儀です。

    速成寺さんのお話では、「ご葬儀もお墓も昔に行われてきたスタイルに、徐々に戻ってきているように感じています」との事でした。

    一応、休日でしたので

    奈良県までいきましたので、久々にバイクに乗って室生寺の近くの道の駅まで移動して昼食にしました。

    その後、グーグルマップをルートをしていせずに青山高原にセットして走り出しました。

    メナード青山リゾートの横を抜けましたが、以前こちらで凄く美味しいフレンチをいただいたことを思い出しながら通り過ぎました。

    それからしばらく走ると、入口に「道が狭く悪路につき・・・」みたいな文言の書かれた看板が立つ道に誘導されましたがそのまま進みました。

    筆者のSR400

    筆者の大好きな舗装林道が、10キロ以上の距離続いていましたが、ゆっくりトコトコと、とても気分よく走らせていただきました。

    筆者のSR400

    とても景色の良いところがありました。

    登ったり下ったりしていると、広い道路に出ましたが、ライダーに人気の風車のある風景の横を通る道路でした。

    風車の横の道は、過去2回来たことがありましたので、ここはノンストップで特に写真も写しませんでした。

    そのまま、信楽を抜けて帰宅しましたが、久々に240キロくらい走れて楽しい一日でした。

  • 京都市営深草墓地の樹木葬

    2021.04.15

    京都市営深草墓地の樹木葬

    定休日でしたが、納期や職人さんの都合の関係もあり深草墓地で墓石工事をさせていただきました。

    朝からお施主様も工事の立ち合いをされていましたが、「この上にある樹木葬墓地はきれいですよ」と教えていただき見に行ってきました。

    樹木葬墓地へは階段で上がっていかないといけません。

    階段が大変な方は、下にも礼拝場所がありますので、そこからお参りをしていただけます。

    お客様のお話では、とにかく眺望が素晴らしいとのことでしたので、楽しみに階段を上がっていきました。

    京都市深草墓苑の樹木葬墓地

    階段を上がっていきますと、献花台の奥に樹木葬の墓域があります。

    樹木葬墓地の奥には、まだ若い主木(メインツリー)があり、周囲の芝生のところに埋葬するタイプの樹木葬でした。

    公営だけあって、献花台や周りの造りがとてもきれいです。

    京都市深草墓地の樹木葬

    樹木葬エリアは三段に分かれていたと思いますが、一段高い場所の階段から樹木葬墓地と景色を撮影しました。

    眺望がとても素晴らしく、階段を上がってきたカイがありました。

    京都市深草墓地の樹木葬

    参道スペースから見る背面は木々に囲まれていて、自然な風情を肌で感じながらも明るい雰囲気の中でお参りいただける工夫がされていました。

    詳しくは知りませんが、過去に何度か公募された際の申し込みが多く毎回とても好評だったそうです。

    京都市のホームページによりますと、「次回受付は令和2年秋ごろに実施予定」と、昨年までの受付に関する記載がありました。

    午後からは、バイクに乗って「宇治田原⇒針テラス⇒信楽」と流してきました。

    コロナ禍ということもあり、コンビニで1回だけ休憩した以外は、ほぼノンストップ130キロ程度を流してきました。

    いつもでしたら道の駅で果物や野菜のお土産を買いますが、関西でコロナが急増していることもあり今回はパスさせていただきました。

    筆者のSR400

    のんびり走りたかったので、出来るだけ遅い車の後ろについてトコトコ走ってきました。

    交通安全週間のせいか、ネズミ捕りに2回も遭遇しましたが、問題ありませんでした。

  • 永代供養墓準備中|京都市東山区の東福寺霊源院

    2021.04.10

    東福寺霊源院の永代供養墓

    4月9日・10日の2日間で、永代供養墓の工事をしています。

    2ヶ月くらい前に基礎工事は済ませていますので、今回は墓石本体の据え付け工事です。

    京都市東山区の東福寺霊源院の永代供養墓

    今回工事のお墓は、5月1日(土)より受付をさせていただきます。

    霊源院の永代供養墓は、各家ごとに設けた個別の納骨室に埋葬していただけます。

    永代管理で維持費不要ですので、管理料未納による墓石の心配がなく、家族への負担は軽減されます。

    また、永代供養料を追加していただくことで人数制限なく埋葬していただけますので、家族のお墓として代々のご使用も可能です。

    宗派を問わず檀家の条件はございません。

    いつまでも残る永代供養のお墓ですので、使用期限や墓じまいの心配はありません。

    生前にお墓の確保をご検討の方にもおすすめいたします。

    • 京都市南区西九条蔵王町11
    • 有限会社 オフィス石太郎
    • 電話 075-693-7345
    • 担当 柳田

京都の墓石店 有)オフィス石太郎

京都市南区西九条蔵王町11

  • 10:30~18:00
  • 毎週火曜日/第2・4水曜日
  • TEL番号:075-693-7345
  • FAX番号:075-693-7355
  • 日本石材産業協会 お墓のディレクター
  • 認定番号03-202030-00
※時々留守にしますので、ご来店の際には、電話を下さいますようお願い致します。
※駐車場は、近隣のコインパーキング等をご利用ください。